■理化学研究所望月雪氷宇宙科学研究ユニット・特別研究員(同位体分析)募集

独立行政法人 理化学研究所 仁科加速器研究センター 
望月雪氷宇宙科学研究ユニット 特別研究員(同位体分析)募集

職名・公募人員
 特別研究員(常勤の任期制研究員で、学位取得から5年以内) 1名
 契約期間:単年度契約で、評価により平成26年3月末まで更新可。

職務内容
 総合科学技術会議および日本学術振興会が推進する最先端・次世代研究開発支援プログラム
「南極氷床コアからさぐる過去2千年の太陽活動に関する分野横断的研究」(補助事業者:望月優子)の
研究計画に基づき、1)太陽活動や突発的天体爆発現象が地球上にどのような痕跡を残すか、
2)太陽活動と気候変動とのあいだにどのような相関があるか、という観点から、
南極氷床コアの定量分析を行う。
 手法としては、氷床コア中の硝酸イオンの窒素、酸素同位体を分析し、
解析を行うとともに、イオン分析にも関与していただく。
当研究グループでは氷床コアの酸素水素同位体解析も行っており、
これらのデータを総合的に用いた幅広い解析に参加する。
 理化学研究所和光研究所を主な勤務地とする。
また、国立極地研究所においても試料作成作業等を実施する。
研究の遂行にあたっては、本プログラムに関わる微量元素分析・雪氷学・天体現象の
専門家らと協力を密にすることが望まれる。
主な共同研究者は、高橋和也、中井陽一(理化学研究所)。

応募資格
 博士の学位を有する者、または着任までに博士の学位取得が確実な者。
軽元素同位体分析において専門的背景を持っている方。加えて、化学分析、
微量元素分析の専門的知識ならびに研究経験を有している方が望ましい。
特に、硝酸の窒素・酸素同位体測定においては脱窒菌を用いた試料前処理を
予定している事を付記いたします。

待遇
 給与:経験、能力、実績に応じた年俸制(月額約31-32万円程度)。
 通勤手当、住宅手当の支給有(所定範囲内)。社会保険の適用有。
  その他、当研究所規程による。
 ※日本学生支援機構奨学金
  (平成15年度までに大学院第一種奨学生に採用されている場合)の返還特別免除の対象になります。

提出書類
 1) 履歴書(写真付き、emailアドレスを明記すること)
 2) これまでの研究概要 (A4で2ページ以内) 
 3) 着任後の研究計画に対する抱負と自己アピール (A4で1ページ程度) 
 4) 業績リスト(論文は査読有無で分ける)および主要論文3編以内のコピー
 5) 着任可能時期
 6) 推薦書1通(PDFファイルを別途メール送付可)、および照会可能な方1名の氏名と連絡先
  ※応募書類は、Eメールでのみ受付ける。
上記 1)〜6)を一つのPDFファイルとしてとりまとめ、添付ファイルとすること。
但し、4)の主要論文3編以内のコピーは別とする。Eメールの件名欄は、
「特別研究員(同位体分析)応募」とすること。
また6)の推薦書については、推薦者から別途メール送付も可。
 
応募締切
 平成24年2月17日(金)必着。

その他詳細は下記URLを参照
http://www.riken.jp/r-world/info/recruit/k120217_e_rnc.html