■九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)CO2貯留部門 
  教員及びポスドク公募のご案内

九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)では、教員(教授、准
教授及び助教)及びポスドクを公募します。このうちCO2貯留部門では、特に「二酸化
炭素の地中・海底下・海洋貯留(CCS)に関する応用(または基礎)科学」について、以下
の分野に関する専門知識を有した方を募集いたします。

- 海洋でのCO2拡散挙動および環境影響の評価のための海底熱水活動を対象にしたナチュ
ラルアナログ的研究

- 海洋でのCO2漏洩検知・長期モニタリング現場計測技術の研究開発(現場センサ、観
測機器)

- 物理探査を用いた貯留層内でのCO2挙動モニタリング

- 多孔質媒体中におけるCO2トラップメカニズムに関する基礎研究

- 貯留層内部でのCO2長期挙動シミュレーション

- CCSの社会への広報・教育活動および社会的受容性の検討


1. 職名:教授、准教授または助教及びポスドク

2. 公募概要:九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)は、文
部科学省の世界トップレベル研究拠点プログラムに選定された研究機関です。I2CNER
の教員及び研究者には、CO2の排出削減と水素社会の実現に向けた基礎科学を創出し、
持続可能で環境調和型の社会の実現に貢献するという研究所のミッションに取り組ん
でいただきます。九州大学伊都キャンパスには、多くの最新型の実験施設やコンピュー
タ施設が設置されています。

3. 応募資格:教員は、I2CNERのミッションに適し、それを推進する精力的な研究プロ
グラムを開始し、実施することが期待されます。教員への応募者は、その研究成果が
国内外に十分認識・評価されている必要があります。ポスドク研究者は、その専門・
教育分野に応じた研究グループに参加していただくことになります。

I2CNERでは、物理学、化学、機械、材料等に関する実験・計算の専門知識を有する方
を募集します。
* 二酸化炭素の地中・海底下・海洋貯留(CCS)に関する応用(または基礎)科学
* 水素脆化(力学、疲労と破壊、材料、トライボロジー)
*効率的な物質変換化学
* 二酸化炭素の分離・濃縮に関する基礎科学
* エネルギー高効率利用のための熱物性、熱物質移動及び熱工学
* 太陽光水素製造(水蒸気電解を含む)
* エネルギーアナリシス分野の専門知識を有する方。特に将来のエネルギー需要を満
たす低炭素エネルギーシステムについて予想されるコストや利用可能性などに関する
研究。

4.提出書類:応募者は、以下の書類を提出してください。
1)カバーレター
2)応募用紙(ウェブサイト上に掲載)
3)履歴書(研究経験、関心事項の詳細を記載すること)
4)研究計画書
   a.注:分野により書式が異なります。1に該当する分野は書式1を、エネルギーア
      ナリシス分野は書式2を使用のこと。
5)論文リスト
   a.査読付ジャーナルと国際会議予稿等とは別にすること
6)応募者の研究内容等について照会が可能な者4名の氏名と連絡先
*書類はすべて英語で記載して下さい。

5. 給与・着任予定日: 年俸は、適性や経験等を考慮して決定します。採用が決まり次
第着任予定日を決定します。

6. 応募締切:2012年6月6日(水)17時(日本時間)必着。
締切前に面接を実施する場合がありますが、採用の決定については締切以後となります。

7. 書類提出先:電子データを添付し、下記のメールアドレスへ送信してください。
E-mail: wpi-office@i2cner.kyushu-u.ac.jp(@を半角に変えてください)

8. お問合せ先:応募方法等に関するお問合わせはこちらまでお願いします。
九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所
住所:〒819-0395 福岡市西区元岡744
TEL: 092-802-6932 FAX: 092-802-6939
wpi-office@i2cner.kyushu-u.ac.jp(@を半角に変えてください)

9. 公募の詳細や応募書類は次のサイトからダウンロードをお願いいたします
:http://i2cner.kyushu-u.ac.jp/ja/recruit/recruit.php

10. その他:九州大学では、男女共同参画社会基本法の精神に則り、教員等の採用を行っ
ております。