■名古屋大学理系Principal Investigator(PI)女性教員募集のご案内

名古屋大学は、教育・研究における男女共同参画を推進するために、研究を主導する特に優れた女性教員の公募を行います。本学では2010年採択の文部科学省科学技術振興調整費による「名古屋大学方式女性研究者採用加速・育成プログラム」を推進しており、本公募はそのプログラムの一環として実施するものです。今回の公募では、下記の分野における女性教員を募集いたします。
採用後は、研究の一層の発展を図るとともに、所属する大学院・学部の教育及び管理運営にも取り組んでいただきます。

1 募集人員
下記の2つの分野合わせて1名ないしは2名

2 研究分野および職種
1)環境学(とくに物質循環科学): 准教授(任期なし)
2)生命農学(動植物・微生物全般及び関連する化学分野): 教授または准教授(どちらも任期なし)

3 本公募では、下記の研究科が共同して募集します。採用される教員は下記のいずれかの研究科所属となります。

環境学研究科(http://www.env.nagoya-u.ac.jp)
生命農学研究科(http://www.agr.nagoya-u.ac.jp)

4 採用予定日
2013年4月以降

5 応募期限
2012年10月19日(金)17時必着
(外国からの応募も日本時間で厳守願います。)

6 応募資格
以下の条件を満たし、自立して研究を推進できる女性研究者
1)公募分野において、博士の学位を有すること。
2)研究者としての経験(ポスドクを含む)を有すること(本プログラムの規定により、
    博士課程在籍者は応募できません)。
3)学部・大学院教育を行う能力があること。
4)日本語で授業および研究指導ができること。
5)日本語で大学や研究科の運営業務が遂行できること。
6)本プログラムの規定により、名古屋大学に在籍している女性教員(学術研究員・特任教員等を除く)は、
    科学技術人材育成費の対象外となるため応募できません。

7 採用者への支援
採用部局で教授・准教授に支給される研究費に加えて、本プログラムから研究費として初年度550万円、2年度及び3年度は各々年間500万円が支給されます。また、研究や研究環境整備に関してメンター2名が支援します。さらに、希望に応じて、出産・育児・介護のために研究支援員を配置することが可能です。また、配偶者(男性研究者)が本学の研究者である場合には、その配偶者である男性研究者にも出産・育児・介護のための研究支援員を配置することが可能です。その他、本学では、男女共同参画推進および仕事と家庭の両立支援のため、学内に保育所(0〜6歳児対象)及び学童保育所(小学生全学年対象)を設置しています。

8 必要書類や注意事項、応募方法等はwebサイトを参照して下さい。
http://www.kyodo-sankaku.provost.nagoya-u.ac.jp/activities/pi/index.html

9 問い合わせ先
男女共同参画室 (E-mail: kyodo-sankaku@post.jimu.nagoya-u.ac.jp)(@を半角に変えてください)