■国立極地研究所・地圏研究グループ 助教公募のご案内

  1. 職名・公募人員:助教 1名
  2. 任期:任期は5年間。任期終了時に5年間の実績を評価し、再任審査を行った上、5年間1回限りの再任が可能。また再任可能となった場合で一定の基準に該当する場合、定年までの在職権「テニュア」が付与される資格審査に申請することが可能となり、審査結果によって任期の定めのない教員となることが可能。
  3. 所属:研究教育系・地圏研究グループ
  4. 研究分野:地質学、地球化学
  5. 研究・職務内容:本公募では、南極大陸および関連する大陸地殻の進化に関わる地球ダイナミクスの研究を地球化学的および地球年代学的観点から進める方を求めます。特に、国立極地研究所が保有する分析装置を運用し共同利用に供することで所外の研究者との連携や共同研究を推進するとともに、新しい分析手法の開発とその応用研究にも積極的に取り組む方が望まれます。また、国立極地研究所は南極地域観測事業実施の中核機関であること、大学共同利用機関及び総合研究大学院大学基盤機関であることをよく理解し、極域観測の実施、国内外の共同研究への対応や大学院教育に意欲をもって当る方を求めます。
  6. 応募資格:博士の学位を取得または採用時までに取得見込みであること。
  7. 提出書類:
    (1)応募書(カバーレターに相当するもので ①氏名 ②性別 ③生年月日 ④学位 ⑤所属・職 ⑥所属先住所・電話番号 ⑦現住所・電話番号 ⑧電子メールを記載する)
    (2)履歴書(大学卒業以降の学歴、職歴、賞罰、資格は必ず記載し、顔写真を添付する。書式は自由。)
    (3)研究業績目録(①学位論文、②原著論文、③その他に分類して目録を作成する。②、③については査読を受けたものと受けていないものを区別する。)
    (4)主要論文5編以下の別刷り(またはコピー)を各1部
    (5)代表者としての科学研究費等外部資金獲得の実績表(名称、年度、金額)
    (6)これまでの研究・教育活動の概要(A4版用紙2枚以内とする)
    (7)今後の研究、教育、極域観測の発展、将来の新研究分野開拓への抱負(A4版用紙2枚以内とする)
    (8)応募者について意見を聞ける方2名以上の氏名と連絡先
    (9)推薦書(推薦書がある場合)
  8. 応募締切:平成25年2月22日(金) 17時 必着
  9. 選考・着任時期:応募締切後、1〜2ヶ月以内に選考を行う予定であり、その過程において面接を行うことがあります。着任時期は平成25年6月以降の早い時期を予定しています。国立極地研究所は男女共同参画を進めており、業績の評価において同等と認められた場合には、女性を積極的に採用します。
  10. 応募書類提出先:
     〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
     情報・システム研究機構 極地研・統数研統合事務部 企画グループ(極地研担当)人事担当
    なお、封筒の表に「地圏研究グループ教員応募書類」と朱書きし、郵送の場合は書留にしてください。
  11. 問合せ先:
    (1)研究・職務内容に関すること
       国立極地研究所 研究教育系・教授 本吉 洋一
       電話:042-512-0603 E-mail:motoyosi@nipr.ac.jp
    (2)事務手続きに関すること
       極地研・統数研統合事務部 企画グループ(極地研担当)人事担当
       電話:042-512-0610、ファックス:042-528-3146 E-mail: jinji@nipr.ac.jp
  12. 個人情報保護:本募集に関連して提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、教員として採用された方の情報を除き全ての個人情報は責任を持って破棄します。
  13. 参考:国立極地研究所・研究教育系・地圏研究グループには、現在以下の教員が配置されています。
    教授: 澁谷 和雄(固体地球物理学、平成25年3月退職予定)、小島 秀康(隕石学)、本吉 洋一(地質学)、
    野木 義史(固体地球物理学)
    准教授: 船木 實(岩石磁気学、平成25年3月退職予定)、三澤 啓司(宇宙地球化学)、土井 浩一郎(測地学)、
    外田 智千(地質学)、金尾 政紀(地震学)
    助教: 三浦 英樹(第四紀地質学)、今榮 直也(隕石学)、山口 亮(隕石学)、海田 博司(鉱物学・隕石学)、
    青山 雄一(測地学)、菅沼 悠介(第四紀地質学、古地磁気・岩石磁気学)

詳細:http://www.nipr.ac.jp/recruit/rec_faculty/20130222geo.html