■公立大学法人首都大学東京 専任教員(教授)募集のご案内

所属及び勤務地
(学部) 都市教養学部理工学系化学コース,
(大学院)理工学研究科分子物質化学専攻
南大沢キャンパス(〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1)

専門分野
広い意味での無機化学・分析化学

担当予定科目
分析化学、環境化学、化学専門実験、大学院専門科目など

応募資格
博士の学位を有する者

採用年月日
平成26年4月1日以降のできるだけ早い時期

処遇
(1)職位・業績・職務内容に応じた年俸制
(2)退職手当は法人退職時に別に支給
任期5年(更新あり。更新の回数制限なし。)
*5年の任期を経て、審査により、任期の定めのない取扱いとする制度があります。
*労働契約法の改正に伴い、任期及び再任に関する事項については変更になる可能性があります。
詳しくは本学ホームページ(http://www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html)を御参照ください。
※ただし、65歳となった年度の末日をもって退職となります。

応募書類
(1) 履歴書(様式1)
(2) 研究業績リスト(様式任意)
(3) 主要な研究論文5編のリストとその別刷3部(コピー可)
(4) 外部資金の獲得状況(種別、年度、獲得額、代表か分担者かを明記)(様式任意)
(5) 研究業績の概要(教育・指導実績、社会貢献を含む)2,000字程度(様式任意)
(6) 採用後の活動計画(研究、教育、社会貢献を含む)2,000字程度(様式任意)
(7) 応募者について意見を聞くことのできる方2名の氏名・連絡先(様式任意)
*選考の過程で、応募者に関して意見を聞くことのできる方の追加、推薦書の提出をお願いする場合があります。

※所定様式及び記入要領は下記ホームページからダウンロードしてください。
http://www.houjin-tmu.ac.jp/recruit_teacher/tmu.html

提出方法
・簡易書留で一括郵送してください(郵便又は信書便に限る。なお、持参も可)。
・封筒等に「教員公募書類(2518 無機・分析化学)在中」と朱書きしてください。
・応募書類は返却しません。予め御了承ください。
※上記取扱いのため、万一高価な書類等を送付される場合は、その点を御留意の上、御応募ください。
※電子メールによる御応募は受け付けておりません。

提出先
〒192-0397
東京都八王子市南大沢1-1
公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係

提出期限
平成25年9月30日(月)(必着)
※海外から応募される場合には郵便事情を考慮されるようお願いします。

選考方法
1次選考:書類選考
2次選考:1次選考通過者に対して、平成25年11月以降に面接を行います。
なお、時間・場所等の詳細は、別途1次選考通過者に御連絡します。
※2次選考にあたり必要となる旅費・滞在費等は応募者の負担となります。また、合否は当該部局から通知されます。

問い合わせ先
◎公募全般に関すること
公立大学法人首都大学東京 総務部人事課人事制度係
TEL 042-677-1111(内)1027
E-Mail kyoinsaiyo@jmj.tmu.ac.jp

◎専門分野、研究体制に関すること
理工学研究科分子物質化学専攻 教授 海老原充
TEL 042-677-2557
E-Mail: ebihara-mitsuru@tmu.ac.jp

備考
当面は当該分野において、新たに准教授、助教を採用する予定はございません。

本学は、ダイバーシティに配慮しており、特に女性の積極的な応募を歓迎します。
本学のダイバーシティへの取組については、以下を御参照ください。
(ダイバーシティ推進室)http://www.comp.tmu.ac.jp/diversity/index.html