■GJ誌オープンアクセスへの補助について


日本地球化学会 会員の皆様

本年は,地球化学会員がGeochemical Journalに掲載する論文をフリーアクセスにした場合,経費を学会が一部補助することが決まっております。実施に当たっては,2014年4月以降にGJに受理され,オープンアクセスを選択された日本地球化学会員を対象とします。2014年の補助総額は50万円であり,1件につき5万円の補助とし,予算範囲内で受理の先着順とします。多くの会員にメリットを受けて頂きたく,お一人につき一回とします。

会員の皆様にはオープンアクセス論文を掲載するとき支援制度があります.

補助を申し込む場合には,受理後オープンアクセスを選択されましたら,会員幹事(薮田ひかる:member@geochem.jp(@を半角にして送信下さい))に「OA補助希望」の件名にて 1.論文番号(GJ****) 2.論文タイトル 3.対応著者名 をご連絡下さい。会員確認の後,補助手続きに入ります。

なお,筆頭著者と対応著者(コレスポンディングオーサー)が異なる場合には,対応著者が日本地球化学会の会員であり、受理日までに入会手続きが完了していることを条件と致します。オープンアクセス料金は1編15万円ですが,現在7.5万円が科学研究費補助金より補助されており,さらに学会からの5万円の補助により,2.5万円でオープンアクセスが可能となります。出来る限り多くの皆さんのGJにご投稿頂き,オープンアクセスをご選択頂くことを期待致します。

補足:補助の方法として,テラ学術図書出版から補助分を差し引いた額(2.5万円)を請求し,別途学会より補助相当額をテラ学術図書出版に支払うことと致します。なお,補助の申し込みや学会の事務処理との間の時間的な行き違いで,テラ学術図書出版から定額(7.5万円)の請求書が来る場合がありますが,補助申し込みが完了している場合は支払いを待って会員幹事にお問い合わせ下さい。

総務幹事 山岡香子