■JSTシンポジウム「社会の安全保障と科学技術」

    JSTシンポジウム「社会の安全保障と科学技術」
     http://www.event-info.com/jst-symposium/
-------------------------------------------------------------
 独立行政法人科学技術振興機構(JST)では、
 シンポジウム「社会の安全保障と科学技術」を、
 12月8日(木)コクヨホール(東京都港区)にて開催いたします。

 東日本大震災と原子力発電所の事故は、安全・安心の対策が危機時
 に機能しうるものであるか、科学技術への投資は社会の安全に応える
 ものになっているか改めて考えさせられる事態となりました。
 
 本シンポジウムでは、事故や災害、感染症、食糧、資源など社会の安全
 に関わる問題を横断的に捉え、国家的危機などに備えた国や科学技術
 の役割、社会と科学技術をつなぎ危機に備える仕組みなどを探ります。

  日 時 : 2011年12月8日(木)13:00〜17:30(開場12:30)
  開 場 : コクヨホール(東京都港区)
  主 催 : 独立行政法人科学技術振興機構(JST)
  定 員 : 305名
  参加費 : 無料(事前登録制)

 詳細、お申し込みは→ http://www.event-info.com/jst-symposium/

-------------------------------------------------------------
 プログラム:(敬称略)

 ◆開会 13:00〜13:10

 ◆特別講演 13:10〜13:50
  「アメリカにおける社会の安全保障と科学技術」
  ノーマン・ニューライター/Norman P. Neureiter
  全米科学技術振興協会(AAAS)科学技術安全保障政策センター(CSTP)
  上級顧問

 ◆基調講演 13:50〜14:30
  「社会の安全保障と国・自治体の役割〜東日本大震災の経験を踏まえて〜」
  増田 寛也
  野村総合研究所顧問、元総務大臣、元岩手県知事

 ◇休憩 14:30〜14:45

 ◆パネルディスカッション 14:45〜17:25
  「様々な危機から社会の安全を実現するために」
    都市防災、感染症、食糧、情報通信、サーバーセキュリティ、資源(レア
   アース・レアメタル)の専門家から各分野の危機や取り組み事例をご紹
   介いただき、社会の安全のために何が求められるのか、などの観点から
   ディスカッションを行います。

  ○パネリスト(五十音順)
   岩田 孝仁(静岡県危機管理部 危機報道監) 
   倉田 毅  (国際医療福祉大学 教授) 
   柴田 明夫(株式会社資源・食糧問題研究所 代表) 
   多田 浩之(みずほ情報総研株式会社 シニアマネージャー) 
   名和 利男(株式会社サイバーディフェンス研究所 上席分析官) 
   原田 幸明(物質・材料研究機構 元素戦略統括グループ長) 

  ○コメンテーター
   阿部 博之(総合科学技術会議 前議員/JST顧問) 

  ○モデレーター
   古川 雅士(JST広報ポータル部/JST-PO) 

 ◆閉会 17:30

=============================================================
 お問い合わせ:
  JSTシンポジウム運営事務局(株式会社ビッグビート内)
  TEL 03-3222-8943/E-mail jst-symposium@event-info.com(@を半角に変えてください) 
=============================================================