■アルゴシンポジウム「気候予測のための海洋観測の最前線」のご案内

アルゴシンポジウム「気候予測のための海洋観測の最前線〜3500台の小型自動海洋観測ロボット「アルゴフロート」が明かす地球の姿」を以下の要領で開催いたしますので、ご案内いたします。

日時:2012年12月2日(日)13:00〜17:00(開場12:30)
場所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F)
(シンポジウム詳細は以下の申し込みサイトをご参照ください)

本シンポジウムでは、日本や世界の気候変動に大きく影響する海洋の変動を調べるために世界各国が協力して推進する国際プロジェクト「アルゴ計画」と、全球海洋に展開されている小型自動昇降式ブイ「アルゴフロート」のデータが気候変動研究や身近な生活・産業にどのように活用されているのか、一般の方や専門外の方にも分りやすく解説いたします。本シンポジウムでは気候変動に関するだけでなく、沿岸海洋や生態系変動についての講演・議論も行う予定になっております。日曜日の開催ではございますが、ご興味がございましたらお誘いあわせの上、是非ご参加いただけますようお願いいたします。

なお、参加希望の方は、以下の申し込みサイトにて必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

http://www.jamstec.go.jp/rigc/j/sympo/argo2012/

以下のJapan Argo HPからも辿れます。

http://www.jamstec.go.jp/J-ARGO/index_j.html

以上よろしくお願いいたします。