●「地球化学」 3巻1号 目次
報文 紫外線酸化分解による天然水中の溶存有機物の定量 江角比出郎・西条八束 1‐8
課題討論講演要旨
1. 海水および陸水中の微量成分とその存在状態
両極氷雪中のSi,Ti含有量 室住正世・C. C. Patterson・J. T. Chow 9
湖水・海水中の懸濁鉄と懸濁有機物の分布とその存在状態 秋山紀子・半谷高久 10
フッ素の溶存状態の基礎的研究 ホウフッ素化錯体の水溶液中における溶存状態 守口良毅・細川 巌 11‐12
海水中のフッ素の存在状態 金森 悟・野原昌人 13
熱帯海域におけるヨウ素の存在状態 角皆静男・辺見 隆 14‐15
炭酸カルシウムに対するリン酸の共沈殿 滝山一善・山田ユキエ・原田広子 16
表面海水中の溶存ガス濃度と酸素同位体比 堀部純男・重原好次・田野 実・矢崎勝仁 17
海水中の窒素およびアルゴンの濃度 堀部純男・田野 実 18‐19
太平洋海水中のウラン含量およびウラン同位体比 三宅康雄・杉村行男・前田 勝 20
海水中における238U−234Thの非平衡 三宅康雄・杉村行男・松本英二 21
太平洋海水中のトリウム同位体含量 三宅康雄・杉村行男・安島忠秀 22‐23
海水および陸水中のマンガン 二酸化マンガン微細粒子の分布 岡部史郎・松本勝時・水口美恵子 24
海水中のCrの溶存状態 藤永太一郎・桑本 融 25
海水中のアルミニウムについて(II) 重松恒信・平木敬三・西川泰治 26
日本海とその関連海域における鉄,アルミニウムの分布とその海洋学的意義 杉浦吉雄・山本克巳 26‐28
海洋微量元素の研究と海洋年代の算定 石橋雅義 29‐30
課題討論講演要旨
2. 年代測定の問題点
日本列島の火山岩にあらわれたSr,Pb同位体組成の特徴 倉沢 一 31‐32
黒雲母中のRb・Srの拡散について 柳  哮 33
インド洋海底土のイオニウム・トリウム法による堆積速度の研究 三宅康雄・杉村行男・松本英二 34
231Pa,230Thによる南太平洋深海堆積物の年代測定の検討 宇津山英夫・中西 孝・坂上正信 35
Fission trackの計数による年代測定の問題点 西村 進 36‐38
陸水に由来する試料14C年代の信頼性 浜田達二・浜田和子 39‐40